2020年05月12日

2020年5月8日 鍋倉山

のちに「こんなコトもあったよなぁ」などと思う。








自粛ムードが自粛要請になったGW

そして明けたけど..まあグレー
10日間くらい来ない間に雪もめっきり減った。
低木が出てきて登るルートも滑るラインも無くなりつつあるけど、雪質は
登りやすいし滑りやすい!シーズン終盤の雪を楽しんだ。

この板にしてから登って滑って、また登り返して滑っての繰り返しが本当に楽。
ここの楽しみ方が増えた。



posted by kay at 01:39| Comment(0) | ski | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月29日

2020年4月下旬 鍋倉山x奥志賀高原(夜間瀬地区)

今シーズン何度目かの鍋倉山

茶屋池の手前のチェーン脱着場まで道路が通った。

山頂直下の斜面まで、脱着場から1時間ちょっと登って到着。

何度か滑って登り返していると..

たまたま副校長と遭遇動画を撮ってもらった。
ストップスノーでヨタヨタだけど、自分が滑ってる姿が見られる貴重な動画。

やっぱ自分動画だよなぁ..

そこで、そろそろ違うカメラが欲しいと思う。普段使ってるのは、μToughとHERO session
コンパクトで機動性が高くて、とっても頑丈!
..だけど自分は撮れない、特に動いてるヤツは。

と、いう事で飛ぶやつ導入HOLY STONE HS160アマゾンで一番安そうなヤツを購入。
気圧センサー搭載で高度は自動的に維持、しかしGPSは非搭載

早速、近所の河原で試験飛行微風でもかなり風に流される。
墜落したり立木に当たったりするけど、まあ大丈夫そう。

そして山に持っててみた。結果..うーん...

結局、コントローラーから手が放せず滑走動画とは程遠い。
まぁ「ドローンってこういうモンだよ」的な経験ができた。



結論、屋外では常に機体を注視してコントロールをしてなきゃならない。
たぶん熟練しても安全性からそれは変わらないと思う。

ただ、注視して撮影しながら操縦するのはとても簡単。
他の誰かのアクションを撮ったり、自分を風景とかと一緒に撮るだけの
目的なら撮るのは安易にできる。

目的を達成するため次はGPS搭載モデルかな。
posted by kay at 23:59| Comment(0) | ski | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月14日

2020年3月14日 奥志賀高原

♪〜あーたーらしい板がきたっ!希望の〜いーたー
G3 STINGr
初めてのステップソール、期待大!
posted by kay at 23:59| Comment(0) | ski | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月02日

2020年2月2日 鍋倉山

この日、今シーズン初の雪山

今年は雪不足だけど、街のイベントで雪が必要らしい。
いつもなら有る道路の積雪が、雪出し目的で除雪されていた。

今回は、西の沢の左岸を登ってみた。
南斜面の程よく緩んだ雪は、とても登りやすい。
結局、黒倉山より更に北東の尾根に出たけど楽だった。

...が、しかし。事件はこの時すでに起きていた。

そして目指した鍋倉山と黒倉山の間の北東斜面。
サラフワのパフパフ♪

でも、登ってる最中に剥離してきたトップシートこの日が、この板の最後になってしまった。

めちゃめちゃ気に入ってたアトミック。
この板のおかげで多分、テレマークスキーが格段に楽しく感じられた気がする。
Atomic DRIFTER 最高! 中古でまた機会があったら入手したいな。
posted by kay at 23:59| Comment(0) | ski | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする